SBIC東京中小企業投資育成株式会社

投資先企業への経営支援
次世代経営者ビジネススクール

研修のための研修ではありません
実践できる経営者の育成を目指した研修です

ねらい 経営理論と実践を通じて、経営者として必要な能力を身につける
期待される
効果
  • 1. 激変する環境のなかで
    勝ち残る経営者に必要な知識と判断力が身に付く
  • 2. 自社の経営ビジョン・戦略を考え、
    経営者としての当事者意識が高まる
  • 3. 自社の事業変革構想を経営提言することで
    トップとの深い対話ができる
  • 4. 経営提言事項を実行することで
    経営革新とビジネスリー ダー養成を同時達成する
  • 5. 異業種の同様な立場にある受講生同士の交流によって相互研鑽をする
開催場所 投資育成ビル研修室(東京都渋谷区渋谷3-29-22)
(第1回、第5回を除く)
担当講師 実務経験豊富で、指導力のある講師陣
対象 後継者候補 ・ 経営幹部
募集 25名程度
参加費 投資先※:通いの場合 777,600 円(消費税を含む。2泊分のホテル代、 懇親会、 昼食代、 資料代等込み)
宿泊を弊社に依頼の場合 870,400 円(消費税を含む。10泊分のホテル代、 懇栽会、 昼食代、 資料代等込み)
非投資先:通いの場合 1,036,500 円(消費税を含む。2泊分のホテル代、 懇親会、 昼食代、 資料代等込み)
宿泊を弊社に依頼の場合 1,129,300 円(消費税を含む。10泊分のホテル代、 懇親会、 昼食代、 資料代等込み)
※投資先とは申込日現在で東京・名古屋・大阪中小企業投資育成(株)が出資している企業を言います。

※横にスクロールできます。

ビジネススクールの全体像

ビジネススクールの全体像

①体感型で、実務に直結したカリキュラム

体感型で、実務に直結したカリキュラム
  • ■ 経営者に必要なリーダーシップと経営管理力を体系的に学習します。
  • ■ ビジネススクール卒業生や投資先社長との対話によって経営感覚を養成します。
  • ■ 投資先企業見学会で経営の実態に触れます。
  • ■ ビジネススクール在校中に、 自社の社長との対話を行い、経営者としての現実感を醸成します。
  • ■ 経営者への登竜門として、 自社の経営ビジョン・戦略を考え、事業変革構想を立案し、経営提言を行います。
  • ■ 経営提言した内容を実行することで、経営者としての実力を身につけます。

②臨場感の場を提供し、経営感覚を養成する

体感型で実務に直結したカリキュラム

  • ■ 織心理学に基づき米国で開発されたラーニングゲームで理想の組織状態を体感する
    【第1回燃える組織の作り方】
  • ■ マネジメント演習や行動特性診断によって自己の強みや弱みを把握する
    【第2回マネジメントとリーダーシップ】【第3回部下指導力の強化】
  • ■ 企業法務と、 日常取引における与信調査手法を身につける
    【第4回リスクマネジメント】
  • ■ 実在事例のケーススタディを用いた経営戦略・マーケティング戦略の策定演習を通じて戦略思考を習得する
    【第6回経営戦略とマ-ケティング戦略】
  • ■ ビジネスシミュレーションによる事業運営と決算処理を通じて経営を疑似体験する
    【第7·8回企業戦略シミュレ―ションによる経営感覚の練磨】など

各社の経営者との本音の対話

  • ■ ビジネススクールのOBとの対話で、これからのキャリア形成を実感する
  • ■ 投資先社長による高話と意見交換によって経営者の生きざまから経営者としての覚悟を学ぶ
  • ■ 投資先企業見学会で経営の実態を現地現物で学ぶ

自社の事業変革構想の立案

  • ■ 習得した経営管理力をフルに活用して、自社の事業改革構想を立案する
  • ■ ベンチマークによって、優良企業の成功事例から自社のマネジメントの重要成功要因を抽出する
  • ■ 自分の考えを論理的にまとめ、説明責任を果たすためのコミュニケーションカを磨く

多彩な講師陣

  • 江藤克晃
    第1回「燃える組織の作り方」
    江藤克晃
    株式会社 ハピネスワーク
    組織開発コンサルタント、 USCPA(米国公認会計士)
    大学卒業後、株式会社NOVAに入社。長年の海外経験を活かし、様々な経営管理業務等に従事。USCPA(米国公認会計士)試験に合格。北米企業の多種多様な経営ノウハウなどを取得後帰国、2005年(株) ワークハピネスに入社。人材開発領域を専門として年間100日以上の企業向け研修講師を務める。
  • 平岡秀人
    第2回「マネジメントとリーダーシップ」担当
    第3回「部下指導力の強化」担当
    平岡秀人
    SMBCラーニングサポート株式会社
    営業企画部 部長
    チーフ・インストラクター
    1977年一橋大学商学部卒後、三井銀行(現三井住友銀行)入行、王子支店、東京支店、証券部、さくら証券 (出向)、業務渉外部主任調査役、船場支店副支店長、赤穂支店長、(株)フジタ営業部長(出向)、を経て現職。
  • 渋村晴子
    第4回「リスクマネジメント」担当
    渋村晴子
    本間合同法律事務所パートナー弁護士
    (第二束京弁護士会:1994年登録)
    企業法務・訴訟全般を扱っているが、長年にわたり、企業の大型不祥事案件に・刑事事件や第三者委員会委員等の立場で関与してきた経験から、企業コンプライアンス、リスク管理、ガバナンス体制の構築や改革等に携わることが多い。上場企業の社外取締役・社外監査役やコンプライアンス委員会委員、CSR委員会委員等も歴任。
  • 安中繁
    第4回「リスクマネジメント」担当
    安中繁
    社会保険労務士
    ドリームサポート社会保険労務士法人 代表社員
    立教大学社会学部卒業。税理士事務所に入社、企業経営の支援に携わり、2007年安中社会保険労 務士事務所を開設。2015年4月法人化し代表社員に就任。現在に至る。約300社の顧問先企業のために労使紛争の未然防止、社内活性化のための人事制度構築支援、裁判外紛争解決手続代理業務にあたる。 新しいワークスタイルの選択肢である 「週4正社員制度」の導入コンサルティングも得意とする。
  • 北野信高
    第4回「リスクマネジメント」担当
    北野信高
    株式会社帝国データバンク
    本社営業推進部営業開発課 課長
    立教大学社会学部卒業後、帝国データバンクに入社。調査部門で延2,000社の信用調査業務を行い、調査報告書の品質優秀とセールス表彰共に複数回入賞。その後、本社営業推進部に異動、与信管理担当者 ・データ管理者延1,000名以上と面談をし、実務上の知見を蓄えてきた実績から危険な会社を見分けるポイント」「データ利活用」に関する講演研修実績豊富。現在は、金融機関をはじめとするラージアカウント向けの課題解決サポートを主な活動として全国を飛び回っている。
  • 井上達彦
    第6回「経営戦略とマ-ケティング戦略」担当
    井上達彦
    早稲田大学 商学学術院 教授
    1997年神戸大学大学院経営学研究科博士課程修了、博士(経営学)。広島大学社会人大学院マネジメント専攻助教、早稲田大学商学部助教授(大学院商学研究科夜間MBAコース兼務)などを経て、2008 年より現職。独立行政法人経済産業研究所(RIETI)ファカルティフェロー、ペンシルベニア大学ウォートンスクール・シニアフェローなどを歴任。研究分野は、ビジネス・システム(価値創造システム)、ビジネス・モデル・デザイン、経営組織論、経営戦略論。
  • 岡田泰範
    第7回「経営視点で捉える会社の計数他」担当
    第8回「企業戦略シミュレ―ションによる経営感覚の練磨」担当
    岡田泰範
    株式会社タナベ経営
    東京本部 副本部長
    大学卒業後、タナベ経営に入社。セミナー部門責任者、全社企画開発部門を経て社内ベンチャーを創業するも大失敗。ヒラ社員から出直して現在に至る。マーケティング 営業力強化による得意分野とし、事業戦略構築・営業マネジメント改善のコンサルティングで多くの成功例を持つ。
    「ウォームハート&クールヘッド」の指導方針で全国を飛び回るトップコンサルタントの一人である。
  • 野田一臣
    第9回「事業変革構想の策定」担当
    第10回「成果発表会」担当
    野田一臣
    日本能率協会マネジメントセンター
    パートナーコンサルタント
    中小企業診断士
    関西学院大学法学部卒業後、富士(現みずほ)総合研究所、日本アイ・ビーエムにて製造業をはじめ幅広い業種、規模の顧客に対し、経営コンサルタントとして実務に従事。現在は、事業計画立案などの企業運営の支援やワークショップ型の研修と中心とした人材育成まで、幅広く活動している。近年は、行動心理学を取り入れた経営者育成にも力を入れており、経営戦略の立案からその実行に至るまで、多くの現場経験を生かした育成支援を行っている。
これまで約350名の経営者、後継経営者、経営幹部、幹部候補の方が受講されています。
これまで
約350名
経営者、後継経営者、経営幹部、
幹部候補の方が受講されています。

第17期生 次世代経営者ビジネススクールカリキュラム

第1回燃える組織の作り方2019年1月17日(木)・18日(金)
ねらい全体最適の視点を持ち、組織をリードできる経営者への変革を目指す講師:江藤 克晃 氏
1日目午前:JR 焼津駅集合焼津グランドホテルにて開催ラーニングゲーム「ZIPANGU」(組織心理学に基づき米国で開発された体験型のラーニングゲーム)を通じて以下を学ぶ
  • 1.人の行動原理を理解し、高いモチベーションの引き出し方を学ぶ
  • 2.ビジョン達成に向けた強固なチームビルディング方法を学ぶ
  • 3.組織の発展段階や環境変化に適合したリーダーシップのあり方を学ぶ
  • 4.ゲームの振り返りによって、自身のリーダーシップの改善の方向性を掴む
  • 5.懇談会 焼津グランドホテルにて宿泊
2日目:焼津グランドホテル内会議室にて開催1日目のラーニングゲームでの学びや気づきを活かし、グループ討議で現実への落とし込みを行う
  • 6.燃える組織の条件、自社の目指すべき姿、必要な価値観を発見する
  • 7.自社が社会に提供する価値、社員が鼓舞されるミッションを発見する
  • 8.燃える組織を作るための仕組みを見出す
  • 9.アクションプランの策定:現場で活用できる具体的な行動計画を作成する
第2回マネジメントとリーダーシップ2019年2月21日(木)・22日(金)
ねらい経営者に求められる判断力を開発する講師:平岡 秀人 氏
1日目インバスケット演習で自己の思考プロセスを把握する
  • 1.リーダーに求められる能力を学ぶ
  • 2.インバスケット演習
    ※インバスケットとは未処理箱のことで、未決裁案件を、制限時間の中で、より多く、高い精度で、正しく処理することを目標とし、リーダーに必要な判断力を身につける
  • 3.インバスケット演習の振り返り
  • 4.自己の行動特性の診断と開発(※EQI 検査の実施)
    ※EQとは、Emotional Intelligence Quotient のことで、個人の"強み"、"弱み"を把握し、「あるべき姿」と「現状」のギャップを理解し、自己の育成ポイントを見極める
  • 投資先社長からの高話と意見交換会開催
2日目マネジメントとリーダーシップの実践ポイントを学ぶ
  • 5.組織運営(好事例)の共有と発想の転換
  • 6.マネジメントとリーダーシップを理解する
  • 7.解決志向アプローチ方法を習得する
  • 8.ビジョンを明確にする
  • 9.行動計画を策定する
第3回部下指導力の強化2019年3月14日(木)・15日(金)
ねらい経営者に求められるコミュニケーション能力を開発する講師:平岡 秀人 氏
1日目ロジカルコミュニケーションを学ぶ
  • 1.ロジカルコミュニケーションについて
  • 2.情報の発想(フレームワーク発想)
  • 3.情報の整理(ツリー、マトリックス、プロセス構図)
  • 4.情報の発信(提案の構図)
  • 5.総合演習の実施
2日目部下を動かすコミュニケーションスキルを学ぶ
  • 6.自己理解(EQI 検査結果の分析を通じて)
  • 7.コミュニケーションスキルの習得
    (やる気を高めるスキル、ほめる・しかるスキル等)
  • 8.行動計画を策定する
第4回リスクマネジメント2019年4月18日(木)・19日(金)
ねらい経営者に必須のテーマである「与信管理の実務」と経営法務を学ぶ講師:渋村 晴子 氏、安中 繁 氏、北野 信高 氏
1日目リスクマネジメントとしての企業法務を学ぶ
2日目与信管理の重要性とその手法を学ぶ
  • 3.与信管理の重要性
  • 4.与信調査(決算書の入手が困難なケースと可能なケース)
  • 5.保証と担保の活用
  • 6.具体的な与信管理方法(与信枠の設定とモニタリング)
第5回投資先企業訪問と経営者高話2019年5月23日(木)・24日(金)
ねらい企業訪問と経営者からの高話を通じて、経営の秘訣を学ぶ
1日目午後:JR 上諏訪駅集合(長野県)ソレノイドバルブ等の自動旋盤加工と、それに付随する二次加工及び、カシメ接合を利用した製法で、省エネ・省資源・省廃棄物・低コストの部品作りを行っている株式会社共進を訪問
2日目午前:駒ヶ根市内(長野県)焼結金属部品、希土類ボンド磁石部品の専業メーカーとして、電機・電子分野や自動車分野、さらには産業機器分野での精密部品の製造を手掛けるナパック株式会社を訪問
2日目午後:松本市内(長野県)農業用作業機械・トラクタの機能部品など、食糧の増産と省力化に貢献する製品を世に送り出し、更に東南アジアで現地生産を始め10年の節目を迎える株式会社デリカを訪問
第6回経営戦略とマーケティング戦略2019年6月20日(木)・21日(金)
ねらいケーススタディを通じて、経営戦略とマーケティング戦略を学ぶ講師:井上 達彦 氏、黒岩 健一郎 氏
1日目経営戦略の概要を学び、ケーススタディで戦略策定を経験する
  • 1.経営戦略の概要
  • 2.プロダクト・ポートフォリオ・マネジメント
  • 3.製品・市場戦略、競争戦略と組織の適合
  • 4.ケーススタディでの経営戦略策定演習
2日目マーケティングの概要を学び、ケーススタディでマーケティング戦略策定を経験する
  • 5.マーケティング戦略の概要
  • 6.実践に有効な戦略フレームワーク
  • 7.経営戦略とマーケティング
  • 8.ケーススタディでのマーケティング戦略策定演習
第7回経営視点で捉える会社の計数と経営戦略シミュレーションの予行演習2019年7月18日(木)・19日(金)
ねらい経営分析を通じて、経営活動を定量的に捉える講師:岡田 泰範 氏
1日目経営分析から見た会社の見方・考え方
  • 1.【講義】経営分析から見た会社の見方・考え方
  • 2.【講義】収益構造分析とビジネスモデル
  • 3.【グループディスカッション】ケーススタディ(同業種の2社を比べるケーススタディを実施)
  • 4.グループディスカッションの発表と評価
2日目経営分析を元にした、改善具体策の立て方
  • 5.【講義】経営分析を元にした、改善具体策の立て方
  • 6.【ケーススタディ①】経営分析まとめ表の作成ー現状認識ー
  • 7.【ケーススタディ②】経営分析まとめ表の作成ー改善具体策の立案ー
  • 8.【講義】企業戦略シミュレーションー予行演習ー
特別講座 意見交換会
投資先社長からの高話と意見交換会
(第2回)2019年2月21日、(第5回)2019年5月23・24日、
(第7回)2019年7月18日
ビジネススクール卒業生との交流会を開催
(第4回)2019年4月18日
第8回企業戦略シミュレーションによる経営感覚の錬磨2019年8月29日(木)・30日(金)
ねらい企業戦略シミュレーションを通じ、経営の疑似体験を行う講師:岡田 泰範 氏
1日目企業戦略シミュレーション
  • 1.【講義】企業戦略シミュレーションの進め方確認
  • 2.【ワーク】企業戦略シミュレーション
  • 3.業界懇談会・経営講演会(疑似的に行います)
2日目企業戦略シミュレーション
  • 4.【ワーク】企業戦略シミュレーション
  • 株主総会・債権者集会(疑似的に行います)
    ※社長や担当役員(販売、人事、製造、経理等)として、経営方針、製造計画、資金繰り計画の策定を行い、企業経営を体感します
第9回事業変革構想の策定2019年9月19日(木)・20日(金)
ねらい今までの学習成果を踏まえて、経営提言の企画を構想する講師:野田 一臣 氏
1日目経営提言する企画の構想をまとめる
  • 1.経営提言のまとめ方とプレゼンテーションのポイント
  • 2.ありたい姿(ビジョン)の明確化
  • 3.現状確認と環境分析
  • 4.企画の構想
2日目企画の実現のための計画を作成する(前日の続き)
  • 5.計画の策定
  • 6.職場実践に向けて(事後課題)
    ※職場に戻った後、引き続き第10 回成果発表会に向けた準備をする
第10回成果発表会2019年10月31日(木)・11月1日(金)
ねらい今までの研修成果のまとめとして成果を発表する講師:野田 一臣 氏
1日目より良いプレゼンテーションを行うための準備をする
  • 1.模擬プレゼンテーション
    ※チーム内でプレゼンテーションし、相互フィードバック・相互アドバイスをして、改善点を明らかにする
    ※コンサルタントからの個別アドバイスを受ける
  • 2.成果発表会
2日目今までの研究成果を全員が発表する
  • 3.成果発表会(前日の続き)
  • 4.職場実践に向けて
    ※今までの活動をAAR(After Action Review)の手法で振り返り、自己成長のポイントを明らかにする
    ※次世代経営者としての決意表明をする
  • 修了後、懇親会開催
© Tokyo Small and Medium Business Investment & Consultation Co.,Ltd. All Rights Reserved.