株式会社共立理化学研究所

投資先企業紹介 > 

ホーム > 

ページタイトル

株式会社共立理化学研究所

〒145-0071 東京都大田区田園調布5-37-11
[TEL] 03-3721-9207
[FAX] 03-3721-0666
[設立] 1952年
[資本金] 40百万円
[年商] 7億円
[役職員] 47名
[国内拠点] 【本社・工場】大田区(東京都)
 

事業内容・特色

『誰でも、どこでもできる水質の簡易分析製品の専門メーカーです』
工業、農業、漁業、食品工業、医療など様々な産業において「水」は大切な資源であり、水質管理は資源管理・環境保持にとって大変重要です。その為、高性能な水質分析機器が種々開発されていますが、産業の現場では精密分析よりも低価格で迅速に結果が得られ、かつ安全性の高い簡易分析が適します。当社は、専門技術や難しい操作を一切必要としない水質の簡易分析器の専門メーカーです。1973年に水に含まれる物質と試薬との化学反応により発色させ目視判定により水質を分析する簡易分析器パックテスト?を開発。現場で簡易的に迅速かつ安全に水質を測定することを可能にしました。現在、パックテスト?の測定対象項目は70項目を越え主に排水管理、下水道管理、河川湖沼の環境保全、学習教材などに幅広く使われています。
近年は特別に設計したLED光源を用いた携帯可能な水質計の関発も行っています。
水質計を用いることにより比色判定誤差の解消、測定結果の履歴管理も可能となりました。
当社独自の極めて簡略化された簡易水質分析製品は、国内では唯一であり、海外でも例を見ない独自の技術です。

2017年9月時点

ページ上に戻る
空白