SBIC東京中小企業投資育成株式会社

社員インタビュー
企業の資本政策を支援し、
新たな可能性を引き出す提案が
投資先企業の未来を広げる

これが私の仕事

優良中堅・中小企業と経営者を「資本政策」と「各種育成メニュー」で支援

東京都内の中小企業への開拓・投資業務、及び投資先企業への育成支援業務を行っております。投資対象企業を発掘し、経営者との面談の中で見つけ出したニーズ(長期安定株主対策・経営承継対策等)に即した資本政策案の提案を行います。投資後は、投資先企業の幅広い悩み相談(税務相談、労務問題、海外進出関連等)を受け、自分自身で対応もしくは専門家を紹介する等して解決の支援をしております。この仕事の面白みは、日々の営業開拓や投資先企業の支援業務が、全て自分の血や肉となっていくのが分かることです。経営者の方々にひとつでも多くの有益な情報や気付きを提供できるよう日々努力が必要ですが、感謝の言葉を頂ける喜びが原動力となり、毎日楽しく仕事に向き合えています。

だからこの仕事が好き! 一番うれしかったことにまつわるエピソード

入社3年目、優良企業の長年の課題を解決し、敏腕経営者に感謝されたこと

入社3年目の時に経験したエピソードです。私が営業となってから何回も通い詰め、関係構築を図ってきた優良企業の経営者から資本政策についての「長年の悩み」について漸く打ち明けてもらえました。それだけでも嬉しかったのですが、その課題解決は「絶対に自分がなんとかするんだ」という使命感を持ち、数ヶ月間に亘り様々な手段を検討し提案を重ねていきました。最終的に解決の糸口を探し出だすことに成功し自分自身でも満足のいく結果となったのですが、その経営者から「江場さんには本当に感謝している。お陰でこれまで以上に経営に専念できるよ」と感謝の言葉を頂くことができた時の感動は今でも私の原動力となっています。

ズバリ!私がこの会社を選んだ理由 ここが好き

幅広い業種の経験豊富な経営者の方と出会え、毎日が学びの場

自分自身が中小企業経営者の息子であり、大学生の就職活動時期から何らかの形で中小企業を支援できる仕事に就きたいと考えておりました。 様々な業種を見ていく中で、重要な経営資源のひとつである「カネ」に関わる金融業を中心に見ていくようになりました。その中でも、「融資」ではなく「投資」をする会社を選んだ理由は、「株主」となることにより、経営者により近い目線で会社に関わることができるところに魅力を感じたからです。また、採用試験の面談で話した先輩方から、実際お会いしている経営者とのエピソードを伺ったところ、自分のやりたいこと(経営者に寄り添った支援など)に合致していると確信が持てたため、この会社を選びました。

これまでのキャリア

キャリア一覧

業務第一部(都内の投資先企業の発掘、育成等5年間)

ビジネスサポート部(セミナーの企画運営、情報提供等2年間)

業務第二部(東京都内の投資先企業の発掘、育成等、2年間)

関係機関へ出向中

© Tokyo Small and Medium Business Investment & Consultation Co.,Ltd. All Rights Reserved.