社員インタビュー
企業の資本政策を支援し、
新たな可能性を引き出す提案が
投資先企業の未来を広げる

これが私の仕事

中堅・中小企業の安定成長のために多岐にわたるサポートを実施

私は現在、山梨県を担当地域として、既存投資先への経営相談等の各種サポートや、新規投資先の開拓などを行っています。具体的には、山梨県内にある優良な中小企業に日々訪問し、経営者の方々との対話の中で相談されたり、会話の中から経営課題を探ります。
企業が抱える経営課題は、売上拡大といった企業存続に不可欠なテーマから、税務や法務、事業承継など専門的なものまで多岐にわたります。それらの課題解決のために経営者に寄り添って支援することが私の仕事です。
例えばこれまでには、投資育成を長期安定株主として活用する資本政策の提案や投資先同士のビジネスマッチング、課題に応じた専門家の紹介などを行ってきました。投資先の成長とともに、経営者の方々との対話を通じて自分自身も多くのことを学べるこの仕事にやりがいを感じています。

だからこの仕事が好き!一番うれしかったことにまつわるエピソード

若手のうちから相談相手として経営者と向き合うことができる

企業を直面する経営課題の中には、時には従業員には相談しにくい悩みもあります。そういった際に投資育成を相談相手として頼りにして頂けることもあり、非常にやりがいを感じます。
期待に応えなければならないため責任は大きいですが、試行錯誤して支援を行った結果、「投資育成の〇〇さんに相談して良かった、ありがとう」と言っていただいたときの喜び・達成感は、この仕事をやっているからこそ経験できるものだと思います。
大企業と異なり、中小企業は縁の下の力持ちの役割を担っていることも多いです。ですが、世の中に無くてはならないものを作っている中小企業は実はたくさんあります。自分が担当している企業が、実は身の回りの必需品を作っている、と知った時のワクワク感は、投資育成に入って様々な企業を知ったからこそできる経験です。

ズバリ!私がこの会社を選んだ理由 ここが好き

中堅・中小企業を支援できる仕事がしたい

私は大学時代、マーケティングを専攻しており、地元企業との共同プロジェクトを行う機会がありました。その中で、経営者の方から「うちは良いものを作っているんだけど、売り方が分からなくて…」と相談していただいたことをきっかけに、企業は、社内の力だけでなく、外部の支援機関がサポートすることで、新たな道が開ける可能性がある、と考えるようになりました。
「中小企業を支援できること」を軸に就職活動を行い、その中で投資育成は、若いうちから経営者の方々と直接お話することができ、長期安定株主といういわば企業の身内になって支援ができる点に魅力を感じました。

これまでのキャリア

業務第四部(神奈川県担当2年)

業務第四部(現職・山梨県担当1年目)

© Tokyo Small and Medium Business Investment & Consultation Co.,Ltd. All Rights Reserved.