三芳合金工業株式会社

投資先企業紹介 > 

ホーム > 

ページタイトル

三芳合金工業株式会社

〒354-0045 埼玉県入間郡三芳町大字上富508
[TEL] 049-258-3381
[FAX] 049-258-5279
[設 立] 1963年
[資本金] 52.5百万円
[年 商] 34億円
[役職員] 101名
[国内拠点] 【本社工場】入間郡三芳町(埼玉県)【朝霞工場】新座市(埼玉県)
 

事業内容・特色

当社は、関連会社である大和合金㈱の工場部門として、昭和38年8月設立以来、50年余りにわたり特殊銅合金の製造に携わっており、常に質の高い銅合金材料を安定的に供給して参りました。
当社では、溶解・鋳造・鍛造・引抜・押出・熱処理・機械加工等の設備を保有し、特殊銅合金(クロム銅、ベリリウム銅、特殊アルミニウム青銅等)の板、棒、円板を少量から大ロット迄一貫生産しております。
各工程の保有設備を活かし、お客様からの材料・原料・素材支給による様々な加工委託にも応じております。
当社では、各種プラスチック用金型のキャビティを生産しており、長年にわたり培われた技術力は、業界の信頼を得て、工業製品のみならず消しゴムなどの玩具の金型や入れ歯用の金型など幅広い分野で御利用頂いております。
特殊銅合金については、10kgの少量溶解から3トン迄の溶解が可能であり、実験溶解も受け付けております。又鍛造もエアハンマー(500kg、750kg、1t、2t)4台を保有し、フリー鍛造による少量生産が可能であるため、1個からの実験的な試作品の生産にも対応可能です。
鍛造は、社内で溶解鋳造した特殊銅合金以外の、アルミニウム、マグネシウム、銀等の他製品の鍛造も行っており、それらの鍛造技術も有しております。
PCプラスロイ金型は、圧力鋳造技術により主としてプラスチック射出成形用金型として使用されており、短納期・低コスト・1個マスターからの多数個取り・成形サイクルの短縮等、優れた特長を有しております。
RCプラスロイ金型は、セラミックモールド精密鋳造法により、いかなる材質のモデルでも金型を製作出来、変形パーティングやアンダーカットのある製品には最適なものであります。

主要取引先

大和合金㈱/三菱マテリアル㈱/東芝三菱電機産業システム㈱/NGKファインモールド㈱/㈱リケン環境システム/㈱イワコー/㈱タセト/㈱リガク/北光金属㈱

2017年9月時点

ページ上に戻る
空白