スガノ農機株式会社

投資先企業紹介 > 

ホーム > 

ページタイトル

スガノ農機株式会社 スガノノウキ

〒300-0405 茨城県稲敷郡美浦村大字間野字天神台300
[TEL] 029-886-0031
[FAX] 029-886-0030
[設 立] 1958年
[資本金] 156百万円
[年 商] 36億円
[役職員] 159名
[国内拠点] 美浦村(茨城)、上富良野・千歳・芽室・美幌(北海道)、盛岡(岩手)、仙台(宮城)、秋田(秋田)、羽島(岐阜)、倉敷(岡山)、大野城(福岡)
 

事業内容・特色

◎白の理念を心に誓い、農業のソリューションカンパニーを目指します。
「白い農機」の愛称で親しまれており、プラウ分野ではトップクラスの販売実績を誇る専門メーカーです。農機具の開発・製造・販売を通じて、創業以来、日本の農業の在り方を見つめ続けています。
経営理念に「白の理念」を掲げております。「白」は私欲無い清らかな心(清廉潔白)でお客様に接するスガノ農機の基本姿勢です。全社員がこの理念を意識共有し、農業に役立つ企業でありたいと願い、全社一丸となって邁進しています。
こだわりは「土づくり」にあります。健康で安全な作物を育てるためには、その作物の根が成長する土中環境を整えることが重要です。「有機物循環農法」を土づくりの基本に据え、沢山の「ノウハウ」や、土づくりに執着した「こだわり」を持っています。全国の農家の皆様から頂いたご意見・ご感想・ご要望など「生の声」を源に、トラクターメーカー・販売会社の支援協力をいただきながら、農家の皆様と一体となった「土作りを通して持続する営農」に挑戦しています。
創業者の志を受け継ぎ、1992年には創業の地・上富良野町に博物館「土の館」を開館。世界各国の農耕の歴史や文化を肌で感じられる展示品をはじめ博覧会、研修実習なども実施しております。

主要取引先

トラクターメーカー(クボタ、ヤンマー、ヰセキ、三菱マヒンドラ)/ディーラー(MSK農業機械、日本ニューホランド)/開発公社/農協

2018年6月時点

ページ上に戻る
空白