SBIC東京中小企業投資育成株式会社

社員インタビュー
企業の資本政策を支援し、
新たな可能性を引き出す提案が
投資先企業の未来を広げる

これが私の仕事

ビジネスサポート部は投資先企業の成長発展を支援する専門部隊です

我が社の社名に「投資」、「育成」とついているように、投資をした後に、投資先企業の育成支援をしていくことも我々の大切な仕事です。投資先同士のビジネスマッチングをはじめ、投資先従業員のための各種研修や、経営者に経営のヒントを提供するための各種セミナーの開催、後継者育成のためのビジネススクールの開催等、日々、投資先のお役に立つようなイベントを企画、運営しています。また、機関紙「そだとう」では、投資先企業の優良な取り組み事例や、キラリと光る技術やサービスを取材して紹介することで、投資先企業の情報発信、PRのお手伝いをしています。その他、海外展開の支援や海外視察会の開催、中小企業施策の情報提供等、投資先支援の専門部隊として「なんでもお手伝いをする」というスタンスで日々仕事をしています。

だからこの仕事が好き! 一番うれしかったことにまつわるエピソード

ニッチトップ企業の経営者と向き合いながら仕事ができる楽しさ

当社の投資先は、何かキラリと光る技術や製品・サービスを持った中堅・中小企業が多いです。中には「この会社のこの部品が無いと世界中の車が作れない」といった、その分野においては国内シェアNo.1、海外シェアNo.1企業もあります。そのようなニッチトップ企業の経営者と日々向き合いながら、その成長発展の支援ができるということは、責任も大きいですが非常にやりがいを感じています。また、従業員を数十人、数百人と束ねる経営者には、その経営者それぞれの経営哲学や人を惹きつける魅力があります。日々の面談を通じて経営者から聞かせていただく話は、「人生の大先輩からの話」としても大変勉強になっています。

ズバリ!私がこの会社を選んだ理由 ここが好き

「経営に携わる仕事がしたい」+「モノづくりの現場を見てみたい」

大学時代、学部は商学部で経営学専攻だったのですが、モノづくりが好きなので、サークルは理工系の研究会に入って、ハンダごてを握っていました。大学2年のとき、サークルの先輩がIT分野で起業をするということになり、私も創業メンバーとして携わった経験があります。そのような経験の中、「経営に携わる仕事、経営者をサポートする仕事がしたい」「モノづくりの現場を見てみたい」という考えがありました。就職活動の際、『投資育成』に出会い、自分の志望動機にピッタリだと思ったこと、また、会社説明会で会った先輩社員が、自分たちの仕事に誇りを持って生き生きと働いている姿を見て、「この会社だ!」と直感で感じ、入社を決めました。

これまでのキャリア

キャリア一覧

総務企画部(総務・経営企画)

審査業務

業務第六部(甲信越の投資先企業の発掘、管理等)

中小企業庁へ出向

ビジネスサポート部(研修・セミナー企画、投資先育成支援)

© Tokyo Small and Medium Business Investment & Consultation Co.,Ltd. All Rights Reserved.