SBIC東京中小企業投資育成株式会社

社員インタビュー
企業の資本政策を支援し、
新たな可能性を引き出す提案が
投資先企業の未来を広げる

これが私の仕事

全国の中小企業と関わり、経営者から多くのことを学べる仕事です

埼玉県担当として県内投資先企業の支援を行うことと、これから新たに投資ニーズがある企業を探して、その企業の審査から投資まで行うことを主な業務としています。毎日のように県内中小企業及び関係機関を訪問して、たくさんの方と面談しています。
仕事で心がけていることは、中小企業の経営陣の立場で物事を考えることです。投資育成は中小企業の支援機関ですから、現場の担当者は投資先企業の役に立つことを第一に考えて行動しなければならないと思っています。役割や部署が変わったとしても、顧客第一という視点だけは忘れずにいたいですね。

だからこの仕事が好き! 一番うれしかったことにまつわるエピソード

仕事にやりがいを感じられる場面が多い

中小企業の経営陣と同じ方向を向いて、会社を少しでも良くするにはどうすればよいか、しっかりじっくりと議論できるところ。自分が主体となって提案したことが有効であったり、専門家とも連携して投資先企業の課題をうまく解決できたりした時に、大きな達成感を得られ、経営者との信頼関係も深められるため、そういった場面で一番やりがいを感じています。

ズバリ!私がこの会社を選んだ理由 ここが好き

魅力的な経営者と向き合うことで、自分自身が成長できること

投資育成の良さは、未上場でトップクラスの企業を経営する魅力的な経営者と向き合える機会があり、そこから学べる事が非常に多いところだと思います。
私自身は、経営者の相談相手としてまだまだ力不足ですが、一つでも多くの経験を積んで、対応できる幅を広げたいと思っています。相談される前にこちらから積極的に提案できるような姿がベストだと思いますが、そこまで能力を高めるにはまだまだ時間がかかるでしょう。

これまでのキャリア

キャリア一覧

業務支援室(投資先企業向けのセミナー・情報誌の企画等)

業務第一部(東京都内の投資先企業の発掘、支援等)

業務第四部(静岡県内)

金融機関に出向

業務第五部(埼玉県及び茨城県内)

業務第二部(東京都多摩地区)

© Tokyo Small and Medium Business Investment & Consultation Co.,Ltd. All Rights Reserved.