〔仙台開催〕 投資育成セミナー「中国古典に学ぶリーダーシップ~『論語』に学ぶ~」

セミナー・研修案内 > 

ホーム > 

ページタイトル

更新日:2017.11.28

〔仙台開催〕 投資育成セミナー「中国古典に学ぶリーダーシップ~『論語』に学ぶ~」

開催日 2018年01月31日(水)
開催時間 15:30~17:00
受講料 投資先企業:無料 / 一般企業:無料

〔仙台開催〕 投資育成セミナー「中国古典に学ぶリーダーシップ~『論語』に学ぶ~」

     【主 催】東京中小企業投資育成㈱       
――――――――――――――――――――――――――――――――――― 
 政治経済、国際情勢が混乱する今、経営者は何をなすべきか?
 その解決の糸口は、多くの政治家や経営者が行動の指針としてきた中国古典「論語」にあります。そこには、人の上に立つべき人間が逆境に陥った時、決断を迫られた時、人間として生き抜く際の「原理・原則」があるからです。
 守屋講師は、中国古典の戦術戦略をビジネスの現場に活かすべく、精力的に講演活動を行う中国古典研究家。「論語」の内容をわかりやすく説明しながら、現代経営者の成功事例と失敗事例の両面を鋭く分析し、「論語」を現代のビジネスで応用する方法を明らかにしていただきます。本セミナーにて是非とも現代社会で生き残り、そして活躍するための戦略とノウハウをつかんでください! 皆様の多数のお申込みをお待ちしております。


                    記

【日 時】 2018年1月31日(水) 講演会15:30~17:00(受付15:00)

【講 師】 守屋 淳(もりや あつし)氏
        作家、中国古典研究家

<プロフィール>
1965年東京生まれ。早稲田大学第一文学部卒業。大手書店勤務を経て、中国古典をベースとした著述家として活躍。「守屋淳氏なくして中国古典の戦術戦略を語れない」と評される存在。中国古典分野での第一人者として知られる守屋洋氏を父にもつ。近著『最高の戦略教科書 孫子』『組織サバイバルの教科書 韓非子』(日本経済新聞出版社)は、合計16万部、『現代語訳 論語と算盤』(ちくま新書)は、12万部のロングセラーになっている。

【セミナー内容】
~「論語」から~
過ちに気がついても改めない、これがほんとうの過ちだ(過ちて改めざる、これを過ちという)衛霊公篇
 
立派な人間は、正しい道理を守って約束には義理立てしない(君子は貞にして諒ならず)衛霊公篇
 
君子は、食べ物や住まいについて、ことさら贅沢を願わず、行動は機敏に、発言は慎重を旨とする、そして、立派な人物を見習って我が身を正すのである。こうあってこそ、学問を好む人間と言えよう(君子は食飽くことを求るなく、居安きを求るなく、事に敏にして言に慎み、有道に就きて正す。学を好むというべきのみ)学而篇

何かを知っているというのは、それを好きだという境地に及ばない。しかしそれも、楽しんでいる境地の深さにはかなわない。(これを知る者はこれを好む者に如かず。これを好む者はこれを楽しむ者に如かず)『論語』雍也編
 
わたしは、『論語』を最もキズがないものだと思ったから、『論語』の教訓を目安として、一生商売をやってみようと決心した。それは明治六年(一八七三年)の五月のことであった。『論語と算盤』渋沢栄一 ちくま新書                                                 《他多数              
【募集案内】https://www.sbic.co.jp/seminar/180131.pdf

【会 場】 ホテルJALシティ仙台(JR仙台駅西口から徒歩5分)
       〒980-0013宮城県仙台市青葉区花京院1-2-12
       TEL:(022)711-2580(代表) 
【受講料】無料

【問合せ】東京中小企業投資育成㈱ ビジネスサポート部 大村 智之
     TEL03―3499―0755 / FAX03―3499―0819

【申込み〆切り】1月29日(月)までに、ホームページからお申込みいただくか、下記参考資料の受講申込書にある必要項目をEメール(gyoshi-seminar@sbic.co.jp)にてお送りください。なお、本受講申込書のFAXによるお申込みもできます。

【受講票】本セミナーは、受講票等はございません。当日会場にて受付願います。なお、受付開始時刻は、セミナー開始時刻の30分前からです。

【定員】80名(定員に達し次第締め切らせていただきます)

以 上

空白

お申込みはこちら

ページ上に戻る
空白