投資育成セミナー「実践 業務の可視化」 ~働き方改革の鍵は組織三者の協働~

セミナー・研修案内 > 

ホーム > 

ページタイトル

更新日:2017.06.09

投資育成セミナー「実践 業務の可視化」 ~働き方改革の鍵は組織三者の協働~

開催日 2017年07月26日(水)
開催時間 15:00~17:00
受講料 投資先企業:無料 / 一般企業:無料

申込み受付終了しました

【投資育成セミナー】 経営者・経営幹部必聴!!


           「実践 業務の可視化」
      ~働き方改革の鍵は組織三者の協働~


――――――――――――――――――――――――――――――――――― 
 第10回働き方改革実現会議」(2017年3月)において、働き方改革の主要9項目を盛り込んだ「働き方改革実行計画」が提出されました。
 働き方改革で重要な「時間生産性の向上」には、組織三者(経営・管理・担当)の協働による「業務の可視化」が必要です。
 本セミナーでは、多くの企業が遭遇する課題の実例を紹介し、「業務の可視化」についての考え方と具体的方策を解説します。
 業務が可視化され社員一人ひとりの適正配置が実現できれば、時間生産性の3倍アップも夢ではありません。経営者、経営幹部の皆様、ぜひご参加ください。

                    記

【日 時】 2017年7月26日(水)15:00~17:00(受付開始14:30)

【講 師】 石橋 博史(いしばし ひろし)氏 
一般社団法人 可視経営協会理事
株式会社システム科学 代表取締役社長

<プロフィール>
 1962年から24年間、自動車機器メーカーに勤務し、教育担当、人事、総務、工場長、社長室(トヨタ生産方式、業務改善推進担当)の職務を歴任。86年、システム科学を設立、社長に就任。トヨタ生産方式・I Eを基にした業務革新の実践及び支援ツール「HIT」法の開発・導入、コンサルティングを推進。「業務プロセスの可視化法とチャート作成システム」で特許取得(2010年2月)。ダイヤモンド社国際経営研究所で「業務革新の実践者養成講座」を担当(P.F.ドラッカー教授認定講座講師)。
 著書に、『業務革新の実践手法』『実践R.T.M.で企業革新』『HIT経営革新への実践技法』『可視経営』『可視経営で内部統制』『マネジメント力を磨く可視経営』『意識・行動が変わる続・可視経営』『最少人数で最強組織をつくる』等がある。

【セミナー内容】
1 企業が抱える非効率な実態を知る
2 個人の時間生産性を向上する可視化と改善
3 業務の偏りを解決する人材の多能化育成

【会 場】投資育成ビル8階ホール(渋谷区渋谷3-29-22)
     ・JR渋谷駅の埼京線ホームから新南口改札を出て、右へ2軒目のビル
     ・地図 http://www.sbic.co.jp/main/company/access.html

【受講料】無料

【募集案内】https://www.sbic.co.jp/seminar/170726.pdf

【問合せ】東京中小企業投資育成㈱ ビジネスサポート部 大村 智之
     TEL03―3499―0755 / FAX03―3499―0819

【申込み〆切り】7月25日(火) までに、ホームページ
http://www.sbic.co.jp /main/fronts/seminar_list からお申込みいただくか、
以下の受講申込書にある必要項目をEメール:gyoshi-seminar@sbic.co.jp 
にてお送りください。なお、本受講申込書のFAXによるお申込みもできます。

【受講票】本セミナーは、受講票等はございません。当日1階にて受付願います。
なお、受付開始時刻は、セミナー開始時刻の30分前からです。

以 上

空白
ページ上に戻る
空白