投資育成セミナー「弁護士の正しい活用術」

セミナー・研修案内 > 

ホーム > 

ページタイトル

更新日:2014.02.05

投資育成セミナー「弁護士の正しい活用術」

開催日 2014年04月10日(木)
開催時間 15:30~18:00
受講料 投資先企業:無料 / 一般企業:無料

申込み受付終了しました

【投資育成セミナー】 経営者・経営幹部必聴!!


  「弁護士の正しい活用術」

~舞台裏を知り、うまく付き合い、一緒にビジネスを創ろう!~
      
――――――――――――――――――――――――――――――――――― 

法律の専門家である弁護士とは、一体どのように付き合ったら良いのでしょ
う?実は、よくわからないと悩んでいる中小企業も多いのではないでしょうか。
例えば、どんな場面でどこまでのことを相談して良いのかが分からない。ちょ
っとした相談でも高額の報酬を請求されてしまうのではないか。先代から受け
継いだ顧問弁護士がいるので浮気しづらい、切りたいのに切れない・・・、
などなど。弁護士を前に尋ねづらいことや、弁護士を上手に活用するためのポ
イントなどを、経験豊富な弁護士に、舞台裏情報なども交えながらやさしく、
分かりやすくお話しいただきます。またとない機会です。是非とも経営者・経
営幹部の皆様の多数のお申込みをお待ちしております。



【日 時】2014年4月10日(木)15:30~18:00(受付開始15:00)

【講 師】中所 克博(なかじょ かつひろ)氏 東京法律会計事務所 弁護士

<プロフィール>
愛媛県松山市出身。中央大学法学部法律学科卒業。4度目の正直でようやく司法
試験に合格。弁護士のキャリアは20数年。自らの司法研修所教官に誘われ、教
官OBだらけの老舗事務所(虎の門法律事務所)に入所して10年間修業。鬼や
悪魔のようなボスたちに日々鍛えられ、山ほどの民事事件や刑事事件を前に途方
に暮れながら法廷弁護士のスキルを磨く。民事訴訟における法廷技術については、
業界内でも高い評価と信頼を得ている。
山一證券株主代表訴訟や取締役らの刑事事件、和歌山カレー事件(保険金を詐取
された生命保険会社側)、JCO臨界事故における原子力損害賠償基準の策定など
も担当。
09年4月1日から12年3月31日まで、最高裁判所司法研修所民事弁護教官も務めた。
生え抜きの裁判官や検察官とチームを組み、3年の任期中約400人弱の法律家(卵)
の指導にあたり、法曹として世に送り出した。だが、いわゆる普通の“街弁”であ
り、顧問先の企業はすべてが中小企業である。現在、東京法律会計事務所のパート
ナー弁護士である。

【セミナーの主な内容】
①弁護士をフルに活用できていないのはなぜ?
②ビジネスのどんな場面で、どんな内容を相談するのが最も効果的?
③どんな弁護士が貴社に最適な弁護士? 一体どんな手づるで探せば良い?
④顧問契約とは何? 結ぶことで得られるメリットは?
⑤ある日突然内容証明郵便や厳めしい裁判書類などが届いたら?
⑥途中で弁護士を取り替えたいと思ったら?
⑦契約書のチェックを頼むときに必要な礼儀作法は? ・・・等

【会 場】投資育成ビル8階ホール(渋谷区渋谷3-29-22)
・JR渋谷駅の埼京線ホームから新南口改札を出て、右へ2軒目のビル
・地図 http://www.sbic.co.jp/main/company/access.html

【受講料】無料

【案内状】https://www.sbic.co.jp/seminar/140410bengoshi.pdf

【問合せ】東京中小企業投資育成㈱ ビジネスサポート部第二室 宮川 飛
     TEL03―3499―0755 / FAX03―3499―0819

【申込み〆切り】4月8日(火)までに、ホームページからお申込みいただくか、上記案内状の受講申込書にある必要項目をEメール:
gyoshi-seminar@sbic.co.jp へお送りください。
なお、本受講申込書のFAXによるお申込みもできます。


【受講票】本セミナーは、受講票等はございません。当日1階にて受付願います。
なお、受付開始時刻は、15:00からです。

以 上

空白
ページ上に戻る
空白