【投資先限定】 投資育成 経営トップセミナー 「人はがんとどう向き合うか?」

セミナー・研修案内 > 

ホーム > 

ページタイトル

更新日:2018.12.11

【投資先限定】 投資育成 経営トップセミナー 「人はがんとどう向き合うか?」

開催日 2019年02月18日(月)
開催時間 15:30~17:00
受講料 投資先企業:無料 / 一般企業:申込できません

【投資育成 経営トップセミナー】

投資先企業の経営者及び経営幹部限定

      「人はがんとどう向き合うか?」―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
 二人にひとりががんを患い、三人にひとりががんで亡くなる時代。一方で治療法の進歩により5年生存率は6割を超え、「がんは治る病気、ともに生きる病気」になってきたとも言えます。
 経営的視点からも、今後は「がんとどう向き合うか?」が重要な課題となります。社員の家族の生活は…、治療と仕事の両立は…。今回は、長年にわたりがん治療及び予防の第一線で活躍されてきた垣添講師より、社会の在り方を含め幅広いお話しをいただきます。
 経営者及び経営幹部の皆様の多数のお申込みをお待ちしております。
                     
                 記

【日 時】2019年2月18日(月)講演会15:30~17:00
                      (受付開始15:00)

【講 師】 垣添 忠生(かきぞえ ただお)氏
       国立がんセンター名誉総長
       公益財団法人日本対がん協会会長

【職歴・経歴】
1941年大阪生まれ。67年東京大学医学部卒業。病院勤務などの後、75年国立がんセンター病院泌尿器科に勤務。病院長、中央病院長、総長を歴任し、2007年4月同センターを退職。同名誉総長、財団法人日本対がん協会会長に就任。専門は泌尿器科学。がんの診断、治療、予防に幅広く関わり、がん予防、がん検診、緩和医療に対する関心も強い。国立がんセンター田宮賞、高松宮妃癌研究基金学術賞、日本医師会医学賞、瑞宝重光章などを受賞。

【主な著書】
『発がんからみた膀胱がんの臨床』(メディカル・ビュー社)、『がんと人間』(共著 岩波新書)、『妻を看取る日』(新潮社)、『悲しみの中にいるあなたへの処方箋』(新潮社)、『巡礼日記-亡き妻と歩いた600キロ』(中央公論新社)ほか多数。

【会 場】投資育成ビル8階大会議室(渋谷区渋谷3-29-22)
   ・JR渋谷駅の埼京線ホームから新南口改札を出て、右へ2軒目のビル
   ・地図 http://www.sbic.co.jp/main/company/access.html

【参加費】無料

【案内状】https://www.sbic.co.jp/seminar/190218.pdf

【問合せ】ビジネスサポート部 大村
    TEL 03―3499―0755 / FAX 03―3499―0819

【申込〆切】2月15日(金)までに、上記案内状にある受講申込書の必要事項を
FAX、またはEメール:gyoshi-seminar@sbic.co.jp にてご連絡ください。
なお、早々に定員に達する場合は、1社1名のご参加とさせていただく場合がございます。その際は、当方よりその旨ご連絡申し上げます。           

【受講票】本セミナーは、受講票等はございません。当日1階にて受付願います。
受付開始時刻は、セミナー開始時刻の30分前からです。

以上

空白
ページ上に戻る
空白